【筋トレ】ベルト使うのはなんで?【知ったら欲しくなる】

トレーニング

ウェイトトレーニングで必須とも言っていいアイテムがパワーベルトです。私も初めて使ったとき(高校で一回だけウェイトトレーニング体験しました)は正直言って

腰を守るためなのかな~~。

と思いながら使っていましたけど、それは半分正解で半分不正解なんです。半分不正解なのはパワーベルトをつけていてもギックリ腰になる可能性があるからです。なのでパワーベルトをつけていれば何やってもOKなわけではないのです。今回はパワーベルトの使う意味や注意点を解説していきます。パワーベルトを使って安全にトレーニングしていきましょう!

この記事ではパワーベルトの使う理由・注意点について解説します

パワーベルト使うのはなんで?

パワーベルトを使う理由

腹圧を強化

腰のサポート

フォームの安定

腹圧を強化

パワーベルトは腹圧を強化してくれます。トレーニング中にふとした瞬間や、疲労している状態のときに腹圧が抜けるときがあります。そのときにパワーベルトを使っているとある程度腹圧を維持できるのでケガ予防に役立ってくれます。またパワーベルトを使うことによって腹圧を意識しやすくなるというメリットがあります。

腹圧ってなに?

お腹に力を入れている状態のことですね。詳しくはコチラ↓

腹圧ってなに?【体幹トレーニング】
体幹トレーニングをやっていると、腹圧があがります。 これはお腹にもガスが貯まりやすいとか、そうゆう類のことではないです。 私も最初はこっちをイメージしましたが、実際は全く違いました。 今回は腹圧を理解して、体幹トレ...

腰のサポート

mohamed HassanによるPixabayからの画像

これは何となく予想ついたと思います。パワーベルトで締め付けることによって腰の保護に繋がります。付けているのといないのでは、全く安心感が違います。軽い重量ならいいのですが、高重量になれば筋肉がどうゆう反応をするのか予想がつかないことがあるので、締め付けることによって腰の動きを制限してくれます。

フォームの安定

mohamed HassanによるPixabayからの画像

普通につけるだけでもフォームは安定します。またパワーベルトを付け慣れてくると、トレーニング中にベルトがどうなってるか把握できるようになってきます。ベルトが変形するまで引っ張られているのか、変形しないで使っているかなど・・・。(これは感覚の話なんで深く理解しなくてOK)

何が言いたいのかと言うと、パワーベルトが頑張っているほどフォームが崩れている可能性があるのです。本来であればベルトが変形しない状態でトレーニングするのが普通なのに、ベルトが変形するっていることは危険なフォームになっているのです。このようにパワーベルトは単にフォーム安定だけでなく、フォームが崩れているかどうかもわかるようになるのです!!

普通にフォーム意識すればいいのと思うけど

それは言わないで・・・

・・・ここからは注意点を解説!

パワーベルトの注意点

POINT

パワーベルトに頼りすぎないこと

ベルトをきつく締めすぎないこと

 

パワーベルトに頼りすぎないこと

ここまでパワーベルトをメリットを言ってきましたが、ここからがメリット解説より重要です。パワーベルトをつけて

これでもう安心だ!

と思ってトレーニングしていると痛い目にあいます。理由はパワーベルトは腹圧を強化してくれると書きましたが、腹圧を意識できる人でないと効果半減してしまうからです。ただ締め付けることが【腹圧】と勘違いすると、ホントに腹圧が必要な瞬間になったときに腹圧を使えずに腰を痛める可能性があります。

腹圧をまず自分でコントロールできるようになってから、パワーベルトを使った方がより安全にトレーニングできます。(初心者さんに対してあえてパワーベルトをはじめの内は使わせないトレーナーさんもいます)

簡単な腹圧体験・・・まず座ったor立った状態で猫背になってください。やりましたね。また姿勢を戻して、お腹に力を入れた状態で猫背になってください。どうですか?猫背になりにくいですよね。これが腹圧です。腹圧を入れていると自然と良い姿勢になってケガ予防になるんです。逆に腹圧が抜けた状態だとすぐに猫背になれます。

パワーベルトに頼りすぎない理由わかりましたか?あくまでもサポートアイテムなんです。まずは自分で腹圧をコントロールして、トレーニングに応用できるようにしましょう。

ベルトをきつく締め過ぎないこと

OpenIconsによるPixabayからの画像

きつく締め過ぎると腹圧を最大限に利用できないからです。お腹をへこました状態で力を入れることができますか?腕相撲するときにお腹はへこまなさないですよね。単純に力が入らない状態でウェイトトレーニングは危険行為なんです。あくまでも腹圧が最大限に使える範囲で調整するのをオススメします。

お腹をへこますのは健康診断のときだけ。

まとめ

ベルト使うのはなんで?

腹圧を強化

腰のサポート

フォームの安定

注意点↓

パワーベルトに頼りすぎないこと

ベルトをきつく締め過ぎないこと

パワーベルトがあると普段のちょっと怖いトレーニングを、安全に追い込むことができます。これを読んだあなたは真の意味でパワーベルトを使いこなしてほしいと願っています! パワーベルトを上手く使ってガンガンレベルアップしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました