プランクでやりがちなミスフォーム【効果半減】

トレーニング

あなたのプランクミスしてない?体幹歴4年目の私がプランクフォームのコツについて解説していきます。プランクってやればわかりますが、フォーム確認が難しい・・・。私も意識してやっても、いつの間にかお尻が上がっていたりします。途中で気が付けばいいのですが、そのままやってしまう事も・・・。

 

と簡単なようで、けっこう癖のあるプランクのフォームのコツを紹介していきます。これでフォーム確認も簡単になります!

 



プランクフォームの確認のコツ3つ

確認のコツ3つ

①お尻が上がっているか

②背中が丸くなっていないか

③お腹と地面と近すぎになっていないか

 

①お尻が上がっているかどうか

 

プランクのフォームで一番やってしまうのがお尻です。確認するコツは簡単ですよ。確認のコツは【足に力が入っているかどうか】です。

 

プランク中にお尻が高くなってしまうのは、足に力が入っている証拠です。本来は腹筋の体幹(胴体)を鍛えたいのに、足に力を入れていると、体幹に効果的に負荷をかけれません。

 

②背中が丸くなっていないか

 

正直言って、背中が丸くなっているのは気付きにくいです・・・。鏡がないと、初心者の人は自覚すらできないと思います。これはちょっと確認のするコツがわかりにくいかもしれません。

 

確認のコツは【腕に力が入っているかどうか】です。プランク中に背中が丸くなっている人は、腕に力が入り過ぎています。何とか腹筋の負荷を減らそうとして無意識にやってしまいます。

 

③お腹と地面が近すぎになっていないか

 

最後のコツはお腹です。これも意外と、気が付かない事が多いです。確認のコツは【腹筋に力が入っていない】です。これは腕や足に力は入っていないのですが、単純に腹筋に力が足りない状態です。

 

ここで力を入れないと、効果的に負荷をかけることが出来ません。もう1つのパターンはお尻の位置が高すぎる人が低くしようとすると、お腹と地面が近すぎになりがちです。

 

私もお尻の高さばっかり意識してたら、お腹と地面が近くなっていた事になかなか気が付きませんでした。腹筋に力が入っている状態を維持すれば、自然と理想のフォームになるので安心してください。

 

なぜフォームが崩れてしまうの?

プランクの負荷に腹筋が耐え切れなくなって、無意識に手足に力を入れて負荷を軽くしようとするのです。プランクはきついので、仕方ないっちゃ~仕方ないのです。

 

でもこれは誰にでも起こる事なので、このフォームになっていても落ち込まないでOKむしろ、無意識にフォームが変化してしまうほどあなたが頑張っている証拠でもあります。

 

確かに理想のフォームでやるのも大切ですが、毎回お尻が上がっているかどうか等、厳重にチェックしていると疲れてしまうので良くないフォームになっているのに気が付いたら、気を付ける程度でいいでしょう。

 

まとめ

確認のコツ3つ

①お尻が上がっているか→【足に力が入っている】

②背中が丸くなっていないか→【腕に力が入っている】

③お腹と地面と近すぎになっていないか→【腹筋に力が入っていない】

 

フォームを意識してトレーニングすることは大切ですが・・・もう1つ大切なのは、どこの筋肉を使っているかを意識できるようになると、自分が今どんなフォームでやっているのかイメージで把握できるようになります。

 

例えば腹筋に効いていないと思ったら、腕か足の力が必要以上に入っている証拠です。腹筋にしっかり負荷がかかっていれば理想のフォームです。そうやって考えていくと、自然と良いフォームになりますよ!

 



 

プランクきついし、膝ついてやってみた【ありかも】
普通のプランクでも、腕を伸ばしたプランクでもきつかった・・・。続けられなかった・・・。どうすればいいの!?安心してください!今回はそんなあなたにピッタリな最強に簡単なプランクを用意していきます! これを続けたら、普通のプランク...
体幹プランク10分達成するためには【約2年と半年かかりました】
体幹トレーニングのプランクを達成するには、相当やりこまないと出来ないと思います。ですが必ず誰でもできると断言できます。理由は簡単、何度も体幹トレーニングから逃げ出した私が出来たのですから。特別な肉体?特別な精神力? 全くもって...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました