リバースプランク10分が習慣になるまで

トレーニング

体幹トレーニングをしていると、ついつい忘れがちになるのがリバースプランクですよね。体幹トレーニングで背中を鍛えるという発想をしにくいかもしれません。

そんな私にとって優先度が高くなかった、リバースプランクが現在では10分を週4日でやっています。(数週間前までは週6でやっていたのですが、色々あって週4にしました)

今回はそこまでの成長記録を紹介していきます。リバースプランクを頑張ろうとしている人は参考にしてみてくださいね。




 

リバースプランク10分が習慣になるまで

私がリバースプランクをやり始めたのは今から3~4年前です。その頃は1年体幹トレーニング(プランク・サイドプランク)が続いていたので、背中もそろそろ鍛えなければと思ってやり始めたのがリバースプランクでした。

初めてやったリバースプランクは2分だった気がします。そこそこきつかったのですが、プランク・サイドプランクよりはマシだと思い込んでやり始める事にしました。こうして私のリバースプランクとの長い戦いが始まったのです・・・。

リバースプランク1年目

リバースプランク1年目に関して言うと・・・ぶっちゃけサボりまくっていました・・・。プランク・サイドプランクやっているから何とかなるだろうと思っていた節がありました・・。あと本気で忘れたりしていました。(はじめの一週間くらいはやっていた)

とまぁこんな感じでなめてやっていたので、リバースプランクは全く成長する気配がありませんでした。ちなみにやっていたメニューは2分✖3セットでした。

プランク・サイドプランクはほぼ毎日やってリバースプランクはたま~~にやる程度で1年目は終わってしまいました。しかしここで怠けていたのが後々負担になってきます・・・。

リバースプランク2年目

リバースプランク2年目に入るとリバースプランク3分✖3セットをするようにメニュー変更しました。理由はプランク・サイドプランクが4分✖3セットやるようになっていたからです。完全に自分の見栄が出てしまいましたね。(誰か見てるわけでもないのに・・・。)

しかし、1年目にリバースプランクを毎日やらなかったツケがここに来て爆発します・・・・。リバースプランク3分はやれなくはないけどきつくて、これまたやったりやらなかったりの繰り返しをすることになりました・・・。(プランク・サイドプランクに労力を持っていかれて、リバースプランクをやる頃にはヘトヘトになってるのが原因でした。)

そんな中途半端な状態でしたが、プランク・サイドプランク4分✖3セットを普通に出来るようになたことによって余裕と自信が生まれました。プランク・サイドプランクが相当きつかったので、リバースプランクが一時的に楽に感じるようになったのが功を奏しました。(感覚が段々マヒしてますね(笑)

そのおかげで2年目の終わりには週3~4やればいい方だったリバースプランクが週5~6はやるように成長していたのです!しかも4分で!しかし短期間でそんな簡単にモノになるほどリバースプランクは甘くはありませんでした・・・。

リバースプランク3年目

3年目に入るとプランク・サイドプランクは4分✖3セットでメニューは落ち着いていました。しかし、リバースプランク4分✖3セットが日に日にきつく感じていく自分に違和感を感じていました。

プランク・サイドプランクは毎日時間をかけてじっくり成長させていったのに対して、リバースプランクは付け焼き刃で成長させてきました。なのでリバースプランク4分3セットは当時の私にとって実力以上のメニューでした。

いくら毎日やっても辛さはどんどん増えていきました。反対にプランク・サイドプランクはジワジワと楽になっていくのを感じ、さらにリバースプランクをきつく感じる要因になりました。ここで私の心が折れてリバースプランクメニューを3分✖3セットに変更しました・・・。

これで何とかやり直そうと思ったのも束の間・・・3分✖3セットもしんどい・・・・。1度緩めてしまったせいで、気力がどんどん抜けていきました。もう続けるのはしんどい。このままリバースプランクは体幹メニューから削除しようか悩んだこともありました。

ここで諦めては今までの労力がすべて無駄になるのが怖くなった私は、妥協案を探すことにしました。そこで見つかったのがストレート・リバースプランクでした。

これを3分✖3セットやるのは何とか続けていけそうだと思った私は、そこからストレート・リバースプランクをするようになっていました。そして4年目に入る頃には4分3セットを普通に出来るようになりましたね。

リバースプランク4年目~現在

四年目になると、普段やっている体幹メニュー3セットするのが面倒になってモチベーションが下がっていました。モチベーション下がった理由は効いている気がしなくなってきたからです。ただ毎日こなすだけに意味はあるのかと考えるようになっていました。

そこでやり始めたのがストレート・リバースプランク10分でした。10分はやったことがあったので意外と簡単にできました。それよりもプランク10分、サイドプランク9分が地獄のようにきつくて今度はストレート・リバースプランクが癒しの時間になっていました(笑)

そして現在はプランク15分、サイドプランク9分(3分)、リバースプランク10分・・その他を週4でやるようになりました。理由は簡単で週6だと疲労が抜けなくなってきたからです。そのことについて詳しくはコチラ

週6体幹トレーニングをしてた私が週4にしたわけ【体幹トレーニングのメニュー量調整の目安】
体幹トレーニングやっているけど、最近しんどい・・・メニューを減らしてもいいのかな? つい最近私も週6(週1はプランク1分のみ)体幹トレーニングを週4にしました。 ほぼ毎日やっていた体幹トレーニングを週4にするのは私とって勇気のい...

色々ありましたが、現在もストレート・リバースプランク10分をやっています。(そろそろストレート・リバースプランクはメニュー強化しないといけないのですけど・・・保留中。)

終わりに

今回自分で書いていて再確認したのですが、やっぱり付け焼き刃でやるのは後々しんどいのと、どんな形でも続けていけば可能性があるということです。

上手くいかない時はどうしても投げ出したくなってしまうのが普通の感情だと思います。それをグッと堪えて続けてもいつか疲れてしまいます。だったら少し簡単にしたり、メニューを変えたりして変化させることによって対応するのが大切だと、改めて実感しました。

あなたもトレーニングを投げ出したくなったら、妥協案やメニュー変更をして対応してみてくださいね!でわ!



コメント

タイトルとURLをコピーしました