筋トレ続かないのは運動に慣れてないから

トレーニング

なかなか運動が続かない、筋トレを意識するとネガティブになる。
それは身体を動かすことに慣れてないからかも。

今回は筋トレが続かない人に続くかもしれない思考方法を紹介します!

運動に慣れていないと筋トレ辛い

筋トレがなかなか続かない方ってあまり運動しない生活を送ってきた方が多いと思います。

筋トレは運動のなかでもけっこう地味な部類ですし、はっきり言って楽しくないです(成長していくのは楽しいです)
地味で楽しくなくて、辛いことをいきなり続けること自体無理な話だと思いませんか?

なので筋トレということ、鍛えるということは少なからず辛いこと、苦しいことの連続という
意識で筋トレを始めてみればつらくてもめげずに継続できるとおもいます。

日常の小さな筋トレをする

ここで筋トレをする上で大事になってくるのが、慣れです。
ここで言う慣れというのは運動、筋トレをすることに慣れることです。

ここでオススメするのが日常のミニトレ(小さな筋トレ)です!!

階段を上がるときに+α!

足の全体を使って階段を上がるのではなく、足の前半分だけ使って階段を上がると
ふくらはぎが鍛えられますのでやってみて下さい!

つま先立ちをするイメージを持って階段をを上がっていきましょう!(階段を上がる瞬間に階段をつま先を意識的に使うと効果UP)

あと歩くことは意外と応用がきくミニトレで例えば
1速く歩く

2歩幅を広くして歩く

3膝を少し上げて歩く

この運動はウォーキングなどにも応用が効くので是非トライしてみましょう。

一ヶ月は小さな運動をして筋トレはしない

ここで大切なのはこの小さな運動を継続することです。
日常のなかに自分から運動をする回数を増やすことが大切なんです。

そうすることで運動に対する慣れができてくるので、筋トレに対してもそんなに労力を
使わなくてもパッと出来るようになると思います。

筋トレは始める前が一番面倒くさいからねーー

運動に慣れたら週1で筋トレスタート

PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像

さあここで日常のミニトレに慣れてきたら、筋トレを始めてみましょう!

ここで焦っていきなりハードにやって燃え尽きてしまうのが一番もったいないので
急いで結果を求めるのではなく、筋トレをしてもあまり疲れないうような肉体を
作ることが重要なんです。

体系チェックはあまりしない

Enrique MeseguerによるPixabayからの画像

筋トレも日常生活の運動も続いてきたら気になるのが体系チェックしたくなるのが
人間ってものです。

ですがこの段階ではまだ体型に変化はそんなにないと思いますので、ガッカリしないでくださいね。

しかしここまで続けることが出来れば筋トレや運動が習慣になってきているので
ランニングなどにもチャレンジしてみると意外と出来たりしますので、細く長く続けていきましょう!

まとめ

筋トレやランニングが続かないのは、日常で全くやらないから身体が拒絶してしまうのが原因です。
まずは運動を日常に取り入れてから筋トレやジョギングをしていきましょう!

日常のミニトレで筋トレ思考になろう!
なかなか筋トレやる気になったりしないですよね。 そんなあなたにはまず筋トレ思考になって身体を意識的に鍛える時間を 増やしていけば筋トレもそんなに嫌じゃなくなるかも!? いきなり筋トレは続かないので日常生活のミニトレ 筋トレをいざしよ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました