【疲れ対策】体幹×ストレッチでこんな身体になりました【実体験レビュー】

健康

 

 

体幹トレーニング×ストレッチ(柔軟体操)でどんな身体になるのか?

体幹トレーニングだけやっている人・ストレッチだけやっている人は勿体ないですよ。

今回はこの2つの要素を合わせたら、どうなるのか私の実体験から紹介していきます。

 




 

体幹×ストレッチでこんな身体になりました

John HainによるPixabayからの画像

 

POINT

疲れにくい&疲労が溜まりにくい身体

 

 

体幹トレーニングの主な効果

①姿勢が良くなる

②腹圧が高くなる

③疲れにくい身体になる・・・など

 

これが体幹トレーニングの主な効果です。(他にもまだありますが)

これが疲れにくい身体になる理由ですね。

姿勢改善・腹圧が高くなることによって、身体が軽い日が多くなります。

腰痛や肩こりも良くなります。

(腰痛→ストレート・リバースプランク、肩こり→姿勢改善)

疲れにくい身体になれば、活動的になって他の運動もやる余裕が出てきます。

根本的な運動不足解消に繋がります。

1日1分からスタートしてみましょう!

【一日】疲れにくい体をつくるにためには体幹から【1分でもOK】
最近疲れが溜まっていませんか? リフレッシュして、体を休めるのも大切ですが、リフレッシュも毎日はできません。 このまま辛い日常を送るくらいだったら、体幹を鍛えてラクに日常を送りたいと思いませんか? ではいきましょう! ...

 

ストレッチの主な効果

①柔軟性UP

②リラックス効果

③血行が良くなる

 

これがストレッチの主な効果です。

ストレッチも筋肉の柔軟性をUPすることによって、姿勢改善も期待できます。

筋肉は硬いと縮まっていくので、姿勢が曲がりやすくなります。

姿勢というのは、筋肉の柔軟性も深く関わっています。

ストレッチ中は始めは痛くて、リラックスできないと思いますが

慣れるとストレッチ中でも、ゆっくりした呼吸が出来るのでリラックスできます。

これは精神的におおきなメリットですね。

そして、最大の効果が血行が良くなる事です。

血行が良くなることによって、身体の疲労物質の循環が良くなり、疲れが溜まらない身体になります。(疲労物質の排出が早くなる)

 

 

体幹トレーニングのみの場合(実体験)

 

疲れにくい身体になっても、疲労が溜まります。

以前私は体幹トレーニングのみで、ストレッチはほぼやりませんでした。

それでも、体幹トレーニング効果で疲れにくい身体になったと実感していましたが、

体幹メニュー量が多くなるにつれて、疲労が溜まっていくのがわかるようになりました。

疲労が溜まった状態で、体幹トレーニングをすることがきつくて、すがるようにストレッチを毎日するようになりました。

そしたら、するすると疲労が抜けて身体が軽くなっていきましたね。

特に、朝起きる時に身体の軽さが全く違いましたね!

疲れにくい身体になるのと、疲れが溜まらないことは全く別物と思い知りました。

(プランク1~3分くらいなら、疲労はたまりません。)

 

ストレッチのみの場合(推測)

 

(これは私の推測になります)

疲労は溜まりにくいですが、疲れやすい身体です。

柔軟性が高いからと言って、体幹が強いわけではありません。

身体の軸が安定していないと、疲れやすい身体になります。

なので、1日の終わりには身体が怠くなります。

体幹トレーニングもやっていれば、1日の終わりにも強い疲労感は感じません。

 

 

終わりに

 

疲れにくい身体・疲れが溜まらない身体は、体幹トレーニング×ストレッチで実現できます。

片方しかやっていない人は、どちらもやるのがオススメです!

どちらもやっていない人は、どっちか始めてみましょう!

私は体幹トレーニングオススメします!




 

 

 

 

 

【疲労回復】寝るのが一番って思っていませんか?
日頃の疲れには、寝て解消する人がほとんだと思います。 私も1日寝ている日ありました(笑) しかし本当に寝ていれば、身体の疲労物質はちゃんと処理されるので しょうか?? 今回は疲労回復するにはどうすればいいか??紹介していきま...
体幹が弱いと何が起こる??
体幹が弱いと損する事がいっぱいあります。 今回は、体幹が弱いことによって起こる様々なデメリットを紹介していきます! (adsbygoogle = window.adsbygoo...
【疲労回復】軽く動いた方が疲れが取れる件について
ふつうの感覚からすると、動いたほうが疲れると思います。 というか疲れているときには、動くという発想がしませんよね。 これは私も常々思っていましたが、これは完全な誤解でした。 しかしこれには、しっかりしたやり方がありました。 ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました