疲れにくい身体は体幹×○○

トレーニング

 

疲れにくい身体を作るには、何が手軽で実行しやすいのでしょうか?

色々なことをやってきて、体幹×柔軟が優秀ですね。

なぜ体幹×柔軟なのか、解説とメニューを読んで

疲れやすい身体を、疲れにくい身体に変えていきましょう!

では体幹トレーニングと柔軟をすると、どうなるのか結論から!



体幹トレーニング×柔軟

 

無駄な体力を使わないようになって、疲労が溜まりにくい身体になります

 

体幹トレーニングと柔軟をするだけで、無駄な体力をつかわなくなって、疲労が溜まりにくい身体になります。

また姿勢もよくなり、腰痛・関節痛にも効果があります!

なぜそのような効果があるのか、詳しく解説していきます!

 

 

身体×体幹トレーニング

5132824によるPixabayからの画像

 

体幹トレーニングがどのようにして、疲れにくい身体を作るために必要なのか解説します。

体幹トレーニングをすると

POINT

姿勢が良くなる

身体の軸が安定する

 

姿勢が良くなる

体幹トレーニングをすると姿勢が良くなります。

姿勢が良くなることによって、無駄な体力を使わないようになります。

 

私も体幹トレーニングをするまでは、自分の姿勢が悪いなんて思ってもいませんでした。

体幹トレーニングを本格的にやるようになって、初めて『あ!今まで自分の姿勢って悪かったんだ!』と気付けるようになりました。

 

体幹トレーニングをやる前は、悪い姿勢になっていても気づけなかったのですが、やり続けていく内に、悪い姿勢になると背中が痛くなってくるので、すぐに背筋を伸ばすようになりました。

 

身体の軸が安定する

 

体幹トレーニングをすると、身体の軸がしっかりします。

例えば歩いているときに、フラフラしていると無駄な体力を使います。

手ぶらならそこまで疲れないですが、重い物を持って移動するとなったら話は別です。

重い物を持ってフラフラすると、移動だけで一苦労します。

ですが

体幹トレーニングをすると、荷物を持っても軸が安定して、フラフラしないので疲れません。

これは体幹(胴体)を鍛えているからこその効果ですね!

[box05 title=”ザックリまとめ”]体幹トレーニングをすると無駄な体力を使わずに生活できる[/box05]

 

 

身体×柔軟

skeezeによるPixabayからの画像

 

次は柔軟がどのようにして、疲れにくい身体を作るために必要なのか解説します。

柔軟をすると

POINT

血の巡りが良くなって、疲労物質が溜まりにくい

筋肉が柔らかくなることによって、ケガしにくい

 

血の巡りが良くなって、疲労物質が溜まりにくい

 

柔軟をすることによって、身体の血の巡りが良くなって疲れが溜まりにくい身体になります。

なぜ筋肉が硬いと疲労しやすいのかというと

筋肉が硬いと、疲労物質がそこに溜まってしまうので疲れやすい身体になります。

また同時に、疲れがなかなか取れない身体にもなってしまうんです・・。

 

肩がこったりするのも、ずっと同じ姿勢をとっているせいで、血の巡りが悪くなって疲れを感じてしまからです。

その現象が、身体が硬いと全身ででジワジワと起きてしまうのです!

このジワジワ起きるのが厄介なところですね。

ジワジワ疲れは、耐えられないぐらいの疲れではないけど、なかったら相当ラクになるでしょう。

どうせだったら、ジワジワ疲れもなくしたいですよね!

 

 

筋肉が柔らかくなることによって、痛みが出にくい身体になる

 

これは一見疲れとは、関係ないと思いますが、非常に疲れと関係があるんです!

例えば日常的に腰が痛い・・・関節が痛い・・・となると、毎日痛みと付き合っていかないといけないので、それに耐えることに疲れます。

これは肉体的にも、精神的にも疲労しますよね。

 

一番代表的なのが膝の痛みです。

膝の痛みというのは、下半身の筋肉全体が硬くなると、筋肉が引っ張られて膝に影響が出てきます。(腰からくるパターンもありますが)

筋肉が硬いといういうことは、膝の可動域(動かせる範囲)が狭まるということです。

なので可動域以上の動きをしてしまうと、膝に痛みが出てきます。

 

筋肉に柔軟性があれば、膝の可動域が広がって痛みが出にくい身体になりますよ!

 

柔軟をすると身体に疲れが溜まりにくい身体になる

では具体的なメニューを紹介します!

 

 

メニュー

 

大事なのは継続することなので、今回は必要最低限のメニューを紹介していきます。

最低限のメニューはなので、慣れたら少しずつ増やしていきましょう!

 

体幹トレーニング

Taco FleurによるPixabayからの画像

 

ストレート・アーム・プランク

50~1分×1セット(肘をついてもOK)

 

ストレートリバースプランク

1分~2分×1セット

この二つのメニューは、体幹(胴体)の腹筋側・背筋側を鍛えていきます。

胴体の前後を鍛えていくことによって、姿勢が良くなります。

特にリバースプランクは背筋側を鍛えるので、猫背改善に効果的です!

 

柔軟

 

柔軟体操も下半身を中心としたメニューをしていきます。

やるのは3つだけ!

メニュー1

 

Ryan McGuireによるPixabayからの画像

 

メニュー1で足全体の裏側を伸ばします。

初めは伸ばせなくてもいいです。この姿勢になるだけでもある程度効果あります。

 

メニュー2

メニュー2でふとももの、前側の筋肉を伸ばします。

 

メニュー3

メニュー3でお尻を伸ばしていきます。

メニュー3では、右足を内側に寄せるだけで、伸ばし具合を調節できます。

また乗せている左足を、そのまま地面につけて、立っている左足を腕で身体側に寄せるとさらに効果的ですよ!

特にメニュー3は、お尻からきている腰痛の時に効くので、腰痛に悩んでいる人は試してみてください!

 

 

まとめ

 

疲れにくい身体は体幹×○○

体幹トレーニング=無駄な体力使わなくなってラクになる

柔軟体操=血行が良くなって疲労が溜まりにくい身体になる

疲れにくい身体になる!

 

この2つが合わさることによって、日常生活で疲れにくい・疲れが溜まりにくい身体を作ることができます。

またその他にも運動習慣・姿勢改善・ケガ予防・ポジティブにもなります!

是非この機会に1ヶ月だけでもやってみてくださいね!

 

今回紹介したメニューをいきなり全部やらなくてもいいです。

体幹トレーニングも柔軟体操も1つだけでいいので、実践してください!

今すぐに!やりましょう!





https://doroom.xyz/2019/10/04/%e3%80%90%e4%b8%80%e6%97%a5%e3%80%91%e7%96%b2%e3%82%8c%e3%81%ab%e3%81%8f%e3%81%84%e4%bd%93%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%82%8b%e3%81%ab%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e3%81%af%e4%bd%93%e5%b9%b9%e3%81%8b/

【疲労回復】軽く動いた方が疲れが取れる件について
ふつうの感覚からすると、動いたほうが疲れると思います。 というか疲れているときには、動くという発想がしませんよね。 これは私も常々思っていましたが、これは完全な誤解でした。 しかしこれには、しっかりしたやり方がありました。 ...
【疲労回復】スーパー銭湯のサウナと水風呂を活用していますか??
身体がダルおもい~。 気分がスッキリしない・・・。 気分も体調ドヨ~ンとしている。 そんなときはスーパー銭湯にいきましょう! そこで知っている人は、知っているテクニックがあれば スーパー銭湯による疲労回復効果は、絶...
【体幹トレーニング】初心者は姿勢(フォーム)をあまり気にしなくていい【プランク】
体幹トレーニングのプランクは、お尻が上がりすぎないとかよく聞きますよね。 身体が真っ直ぐになるように意識!って私も推奨はしています。 ですが最初は、姿勢をそんなに気にしなくてもいいんです。 今回は体幹トレーニングをやっているけ...
【フラフラしてませんか?】疲れやすいのは体幹不足!?【姿勢矯正効果】
最近疲れやすい、疲労が抜けない、身体が重い・・・。 こんな日常になっていませんか?? だけど、外に出て運動する気になんてならないし、そんな時間も気力もない・・・。 そんなあなたにピッタリなトレーニングがあるんです!! ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました